隆兵そば
2016年12月23日

俳句 (前編)

私は下手ながらも俳句を毎月出句しております。嵯峨野という京都の俳句結社の隅っこに混ぜていただき、ここへ毎月七句郵送で出すのです。出した句は嵯峨野の会誌に載り、自宅に送られて来ます。優秀な句は一番前の欄に載せていただきますが、これが滅多にないのですが、だからこそ頑張ろうと思うのかもしれませんね。月々千円ほどで出来て、さほどお金もかからないし、特別な場所に行かずとも空いた時間に出来ます。

しかし私が俳句を始めた理由は、実は趣味ではなくて完全に仕事の為です。俳句には季語という季節の言葉を詠み込むルールがあります。そして、その季語ばかりをあつめた歳時記という辞書があります。その歳時記は日本を凝縮した書物と言っても過言ではありません。もちろん食材(野菜や魚の名前)の宝庫です。日本文化の結晶である歳時記を見るだけで、「季節感」という日本の料理に欠かせない感覚を得ることができるのです。

季語を織り交ぜて五、七、五という17文字で「詩」を作る。それが俳句です。

そう、「詩」でないとダメで、「こんにちは今日は寒くて嫌ですね」では詩にはなっていないのです。詩にする為にはどうすれば良いのだろうか?と考えると、それは、言葉を吟味して洗練させていけば良いんだと気付きます。しかし、ウソはダメです。すぐにバレます。  感動を素直に、それでいて洗練した言葉でもって十七文字にする。余計な事は言わず、感動の中心を盛り立てる。

まさにこれは和食と同じです。こういう感覚を得ることが大切です。限られた範囲の中で無限のものを生み出す。決められたルールの中で最高を目指す。  それが素晴らしいと思います。  最近は料理も俳句も範囲やルールが曖昧な「何でもあり」がウケる傾向にあるように思えてなりません。確かに何でもありには楽しい側面があります。自由さを感じます。  しかし深くない。そして飽きやすい。その場のドカンとした楽しさだけで深い感動がない。  もちろん、そういうことも大切ですが、そういうことだけが大切なのではないと思うのです。

日本人が好きなもの、飽きないもの、それは平明ながらも深いものだと思うのです。

さて、冬至が過ぎたばかりですので、冬至の句を一つ紹介して今回はここまで。

酒になる水やはらかき冬至かな   大屋達治

 

 

最近の記事

Recentry Posts

カテゴリー

Category

過去の記事

Archives

食材へのこだわり

隆兵そばでは、出来得る限り有機栽培や無農薬、減農薬野菜を使い、
京都、または京都近郊でとれた食材や関西近郊で醸された酒を提供できるように心がけております。

毎月月末最終日は単品営業!
『晦日そばの日』

※最終日が定休日にあたる場合はその前日に実施いたします!